ダイエットの停滞期が起こる理由

ダイエットをすると停滞期に入るのは、体のどのような仕組みが原因なのでしょうか。何か理由があって停滞期がダイエット中に起こるものです。人間の体にもともとある機能として、ホメオスタシオスという飢餓状態でも数日は生きていられるようなものがあるそうです。体温や血糖値などを生きていくために必要な数値におさめるために、代謝やエネルギーの吸収率などをコントロールします。食べることを何か理由があってしない状況で数日経つと、何とか体を維持しようとする働きを、危機的な状態にあると判断した体がするようになります。少ないカロリー摂取量でも体内のエネルギーが枯渇しないように代謝を下げたり、食事から吸収するエネルギーをふやしたりします。ダイエットの停滞期が起こる理由です。基礎代謝や運動時のカロリー減少を減らし、カロリー摂取が少なくとも体を維持できるようにするわけです。この機能は人間が生存するためには不可欠なものですが、ホメオスタシオスが働くとカロリーがなかなか消費されずに、ダイエットしても体重が減少しづらくなります。停滞期がダイエットのときに起こる仕組みです。できるだけエネルギーを使わないように省エネになるのが停滞期中の体です。少しでも余分があると体脂肪として溜め込みます。脳がカロリー不足の状態に対して危機感を覚え、ホメオスタシオスの活動を促進させていることから起きます。停滞期がダイエットをしている間に起こるのは自然なことだともいえるのではないでしょうか。順調にダイエットが進んでいる証拠であるともいえるので、停滞期に適切な対応をすることが必要になります。

コメントを残す