看護師の勤務地

看護師の勤め先といえば、病院だと思うのがオーソドックスでしょう。でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にも多々あります。保健所で保健師と協力し、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の役目です。それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。看護師の当直が16時間などにおよぶ長い時間の勤務で、勤務中の仮眠が取れます。国の指針により月に8回までと定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。勤めている病院の勤務シフトによっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、離職する看護師が多い理由の一つかもしれません。看護士の場合、求人はいっぱいありますが、希望と一致する条件の求人があるとは言えません。看護師資格の保有者でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤がない場所で働きたいと思う人が多いはずです。求める条件に合う転職先で働くためには、情報収集が重要です。看護士を目指す理由は実際に、どのようなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。転職の場合、その理由はこれまでに培った経験を有効活用したい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。前の勤務先に関するネガティブなことは口にしないほうがいいです。看護師の転職で失敗しないためには、将来のことを思い描いて迅速に行動することが大切です。それに、どのような条件を重視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来どうなりたいかをきっちりと考え、その希望が叶えられそうな転職先の情報をちょっとずつ集めてください。年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も挙げておきましょう。

コメントを残す