看護師の年収

日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。公務員看護師は給料が上がる率も民間の病院より高く、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはネット上のキャリアコンサルティングサービスも役立ちます。看護専門職を探している職場情報は、公共職業安定所や求人誌などには載らない場合も珍しくありません。一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、仕事場のカラーといったこともチェックできます。躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを依頼することも可能です。当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長時間の勤務となっているので、勤務中の仮眠が取れます。月に8回までと国の指針では定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、過労になりやすいのも、看護師が長続きしない理由の一部かもしれません。産業看護師は働く人の健康のために保健指導とかうつ病防止のためのメンタルケアもします。産業看護師の募集は、一般公開されていないので、職業案内所で見つけるのは難しいでしょう。興味を持った人は看護師専用の転職HPを利用してください。転職サイトなら産業看護師の求人も数多く載っています。看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊である上に職場によっても異なってきます。一般に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれていることが多いです。2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、かなり3交代制の病院が多いですね。ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制を望む看護師も多いです。

コメントを残す