看護師が転職をする場合

看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考え、早めに行動を起こすことが大切です。さらに、何を重点的に考えるのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望が叶えられそうな転職先の情報を少しずつ収集してください。年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件もリストアップしておきましょう。看護師の夜勤は、16時間などの長い時間の勤務で、仕事中に仮眠をとることが可能です。月に8回までと国の指針では定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。仕事をしている病院の勤務形態では、生活がとても不規則になってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、長続きしない看護師が多い理由の一部かもしれません。看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊であり、就職先によっても違います。職場では一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれている場合が多いでしょう。2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。なぜ看護師になろうと思ったのかは何がきっかけで実際に看護師になりたいと思ったのかを交えるとイメージが良くなります。転職の時の理由はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。今までの勤務先についての良くないことは口にしないことが大切です。産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師のことを指します。看護師といったら病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室などを設置している企業もあって、そういう場所で働く人もいます。具体的な仕事内容やその役目は働く会社により、様々ですが、従業員の健康を守って、管理していくのは基本的な仕事と考えてください。

コメントを残す