AGA(男性型脱毛症)とは?

AGA(男性型脱毛症)は20代前後から始まり30代半ばくらいまでの男女の4割に起きる脱毛症です。男性型脱毛症と言う名称であるAGAですが、実は女性にも起こりうる症状ということなのです。ただ、食生活の乱れや和食料理が少なくなってきたことなどが影響して、10代であってもAGA(男性型脱毛症)を発症する人もでてきています。進行には個人差があるものの、AGA(男性型脱毛症)は頭頂部や額絵の生え際の髪が薄くなるという特徴があります。なぜ女性にも起きるのに男性型脱毛症という名称がつけられているのかというと、男性ホルモンが大きく関係しているためです。男性ホルモンは男性のみにあるホルモンではなく、女性にも存在するホルモンです。女性であっても、この男性ホルモンが多い場合はAGA(男性型脱毛症)になってしまうことがあります。AGA(男性型脱毛症)であることがわかったら、AGA(男性型脱毛症)専用の治療方法を採ることで症状の進行を抑えることができます。治療にかかるのが早いほど育毛を促すことができるようにもなってきますので、気づいたらすぐに専門家にみてもらうのがいいでしょう。http://frenchbronze.net/

コメントを残す