コンドロイチンとは

サプリメントでコンドロイチンを補給しているという人はたくさんいるといいます。ムコ多糖類の一種であるコンドロイチンとは、軟骨や結合組織にあるものでサプリメントによく利用されています。体の中ではたんぱく質と結合して、体のいたるところに存在しています。弾力性を靭帯や筋肉の腱などにおいて保つためになくてはならない成分で、関節のクッションとしての仕事もしています。骨に衝撃や圧力がかかった場合などは骨を守ったり、関節の動きをなめらかにする役割もあるといいます。若い頃は体内で盛んに生成されますが、年を取ると徐々に生成量は減少し、やがては不足気味になります。食べるものから摂るとすれば、やまいも、納豆、オクラなど粘り気のあるものがおすすめです。効果的に関節痛や老化防止ができると言われているので、非常にコンドロイチンがサプリメントの中でも人気なのです。コンドロイチンが不足すると軟骨が減少し、骨同士がぶつかりあうことが多くなって関節のきしみや関節痛の原因になります。体のふしぶしが老化と共に痛むようになるのは、コンドロイチンが足りなくなっているからです。サプリメントは手軽でしっかりと栄養を摂れるので、食事で補ってもいいですが活用するのもおすすめです。最近では様々なコンドロイチンのサプリメントが販売されており、関節痛や美容に様々な人が利用しています。

コメントを残す